MENU

ビーグレンの美白成分ハイドロキノンに白斑の危険性は?

b.glen(ビーグレン)の美白成分ハイドロキノンに白斑の危険性はあるのでしょうか。使ってみたいけど効果や副作用が心配な方も多いと思います。そこで、成分の詳細から分析してみました。


ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも呼ばれており、ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」に含まれる美白成分です。ビタミンCやプラセンタの10〜100倍の効果が期待されており、注目を浴びている美白成分です。

 

ハイドロキノンには下記のような効果があります。

 

  • シミの元であるメラニン色素を作りだすチロシナーゼ酵素の働きを抑制
  • メラニン色素を薄くする還元作用

 

つまり、これからできるメラニンと今あるメラニンの両方に働きかけて美白効果が期待できるということです。通常の化粧品はメラニン生成のみを抑えて予防するものが多いですが、ハイドロキノンの場合、今あるメラニンを淡色化できるのがポイントです。

 

白斑など副作用の心配は?

ハイドロキノンは白斑など副作用の危険性はないのでしょうか。白斑とは肌の一部の色素が白抜けしてしまう症状です。尋常性白斑とも呼ばれ、メラニンを生成するメラノサイトが破壊されることで引き起ります。

 

以前、カネボウ化粧品による白斑事件もあり、ハイドロキノンは大丈夫なの?と心配の方も多いと思います。カネボウの場合は、白斑を引き起こしたのは「ロドデノール」という成分です。化学的な構造がハイドロキノンと似ていることもあり、危険視する方もおられるようですが、ビーグレンの場合は安全に作られています。

 

ハイドロキノンはアメリカを中心に50年以上の歴史があり、日本では2001年に厚生省(現在の厚生労働省)から化粧品への配合が認められ、シミやそばかすの改善に使用されてきました。現在まで、重大な副作用は報告されていないため、安全性の高い成分と言えます。

 

ビーグレンは安全な濃度で配合

ハイドロキノンで注意が必要なのは、5%以上の濃度で長期間使った場合です。ビーグレンの場合、1.9%と安全な濃度のため、通常利用では白斑など副作用のリスクは低いです。口コミなどを確認しても、ビーグレンの美白クリームで白斑になったというような報告はなかったので安心して利用できます。

まとめ

b.glen(ビーグレン)の美白成分ハイドロキノンは白斑など副作用のリスクは低く、安全に使えることが分かりました。シミなどの色素沈着が気になる方は試してみてはいかがでしょうか。ビーグレン公式サイトであれば、お得なトライアルセットも用意されています。

 

公式限定!8つのトライアルセットの詳細は下記をチェック!

b.glen(ビーグレン)の公式サイトはこちら

 

ビーグレン

 

 

 

>> ビーグレンを市販の店舗で探す前に! TOPへ