MENU

ビーグレンの化粧水の成分は?

b.glen(ビーグレン)の化粧水にはどんな成分が配合されているのでしょうか。ビーグレンの化粧水には、クレイローションとQuSomeローションの2種類があります。それぞれの特徴と全成分を見ていきましょう。

クレイローションの特徴

グリチルリチン酸ジカリウムで炎症を抑えて、天然クレイで潤いの膜を作るのが特徴です。

 

さらに4つの美容成分を配合しています。

 

カミツレエキス

潤いを与えます。

 

ヒアルロン酸

高い保湿力で潤いを保ちます。

 

納豆エキス

肌荒れを防ぎます。

 

オウゴンエキス

環境ストレスから肌を守ります。

 

クレイローションの全成分

<有効成分>グリチルリチン酸ジカリウム<その他の成分>精製水, ヒアルロン酸ナトリウム液, 濃グリセリン, ソルビット液, 納豆エキス, オウゴンエキス, ベントナイト, カモミラエキス(1), イリス根エキス, クインスシードエキス, グリセリン脂肪酸エステル, 1,2−ヘキサンジオール・1,2−オクタンジオール混合物, ソルビン酸カリウム

QuSomeローションの特徴

ビーグレンの独自技術QuSome(キューソーム)により、浸透力が高く、水分を長時間キープするのが特徴です。

 

さらに4つの美容成分を配合しています。

 

ホメオシールド

角質を整え、肌をなめらかにします。

 

アッケシソウエキス

肌のバリア機能を高めます。

 

VCエチル

肌環境を正常化し、健康な肌へ導きます。

 

EDP3

肌を活性化して、弾力を与えます。

 

QuSomeローションの全成分

水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルヒ゛ン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na

まとめ

b.glen(ビーグレン)の化粧水の成分についてご紹介しました。現在、公式サイトよりクレイローションやQuSomeローションを含むトライアルセットが用意されているので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

 

公式限定!8つのトライアルセットの詳細は下記をチェック!

b.glen(ビーグレン)の公式サイトはこちら

 

ビーグレン

 

 

 

>> ビーグレンを市販の店舗で探す前に! TOPへ