MENU

ビーグレンはニキビ跡の赤みに効果は?

b.glen(ビーグレン)はニキビ跡の赤みに効果はあるのでしょうか。ニキビ跡の赤みの原因とビーグレンの成分の効果から解説します。

ニキビ跡の赤みの原因

ニキビ跡が赤みになってしまう原因は、主に2つあります。

 

炎症

肌がニキビなど炎症を起こすと、それを治そうとして毛細血管が集まります。これは人間の免疫機能で正常な反応です。ニキビは肌の表面近くにあるため、集まった毛細血管が透けて見えることによって赤みに見えます。

 

うっ血

さらに炎症がひどくなると、毛細血管にもダメージが及びます。毛細血管が傷つくとうっ血し赤く見えます。赤紫の色素沈着になる場合もあります。

ビーグレンの成分と効果

ビーグレンでニキビ跡の赤みに効果が期待できるのは主に5つの成分によるものです。

 

QuSomeローション(化粧水)

ホメオシールド

角質を整え、肌をなめらかにします。

 

アッケシソウエキス

肌のバリア機能を高めます。

 

VCエチル

肌の状態を正常化して、健やかな肌に導きます。

 

EDP3

肌を活性化して、弾力を与えます。

 

Cセラム(美容液)

ビタミンC

肌の新陳代謝を高め、肌を健康な状態に保ちます。

 

QuSome(キューソーム)とは

ビーグレンではQuSomeという独自の技術が使われています。これは浸透力を高めるために開発された技術です。ごく小さなカプセルに美容成分を包み込むことによって、肌の角質層の奥まで届けることが可能になりました。同時に肌内部で長時間とどまる性質もあり、効果を持続させる働きもあります。

 

ビーグレンは独自の浸透技術によって、より美容成分の効果が期待できるようになりました。ニキビ跡の赤みを改善するには、美容成分を肌に届け、肌を正常化することが大切です。

まとめ

b.glen(ビーグレン)はニキビ跡の赤みに、5つの成分の働きで効果が期待できることが分かりました。また、独自の浸透技術で美容成分を肌に届きやすくなっています。

 

公式サイトでは、初めての方でも安心してお試しできるよう「ニキビ跡ケア トライアルセット」も用意されています。ニキビ跡の赤みに悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

 

公式限定!8つのトライアルセットの詳細は下記をチェック!

b.glen(ビーグレン)の公式サイトはこちら

 

ビーグレン

 

 

 

>> ビーグレンを市販の店舗で探す前に! TOPへ